注文住宅|住宅ローンの融資先を決める

住宅ローンと一口に行っても、色々な種類があります。公的金融公庫の場合、住宅金融公庫、年金住宅融資、財形住宅融資の3種類がありますが、それぞれの職場や年金の種類によって受けられる方とそうではない方に分かれます、また、一定の基準があるものですから、審査によって、融資額も決定します。都市銀行、地方銀行などによる民間金融機関からの借入も有効です。公的融資よりも金利面などでの差はありますが、条件が緩いこともあり、借りやすいというメリットはあります。注文住宅を建てるのにこうした融資を使う場合、それぞれのメリットデメリットを比較して考える必要があります。具体的な金額が出た場合は、それぞれの金融機関に出向いて相談をしてみましょう。

家電や健康グッズの通販サイト【快適生活】

目的地検索もスムーズ!レーザー探知機一体型ポータルナビを自動車に搭載。

買い物に行く時間がない・・・という方の強い味方!「快適通販」

深見東州に関するサイト

半田晴久に関するサイト

注文住宅|基準金利適用住宅

公庫融資を利用する場合、なるべく金利は低い方が良いに決まっていますが、基準金利適用住宅が受けられれる

サンプルイメージ2

注文住宅|金利のアップは仕方ない

床面積が80平方m以上175平方m以下であって、公庫の建設基準に合っていても、バリアフリーや省エネは

Copyright© 注文住宅 All Rights Reserved.